• タッセー アツミ

​お金の増やし方2 保険編


今日は損しない生命保険にするために売れに売れまくっている本「お金の増やし方」をもとに解説します。

この本の結論は、生命保険入るな!ってことです。

え??生命保険ってもしものときのために必要って思いませんか? しかし、ホリエモンや2チャンネル創設者のひろゆきさんも生命保険はいらないといっています。

この本の著者山崎元さんは

野村証券や楽天証券などでつとめお金のプロのひとです。生命保険は数千万円かかる家並みに高い買い物

保険っていうのは損をする賭けと同じと言っています。つまり保険は損するギャンブルってことです。

ちょっとまって保険てギャンブルなの?って思いませんか?

具体的に言うと保険っていうのは病気になったら得をする

病気にならなかったら損をするのが保険みたいなんですよ。まさにギャンブルですよね

そして保険加入者は平均的に損をするようにできているそうです。

加入者が損をして、保険会社が得をしないと保管会社が潰れちゃうからです。


それに保険にはかなりの人件費や広告費がかかっている

具体的に言うと

保険とかって営業の女性が勧誘しに会社に来たりするじゃないですか?

みなさんがが払っている保険料の中には彼女達の人件費が含まれている

あと今は保険の窓口とかでどの保険会社も紹介するみたいなサービスもあるじゃないですか?

そこで親切に説明してくれるおばちゃんの人件費も払っている保険料の中に含まれている。

ほかにも保険のCMで女優さん出演料の数億円ものっている



みなさんが保険会社に支払うお金の半分は

人件費や広告費に使われると思った方がいいみたいなんですね。


払っている保険代の半分が消えているってショッキングですよね?


だけど

癌になったらどうするの?働けなくて困るっていう人もいると思います。

それでも保険には入らない方がいいと著者は言っています。


なぜなら、癌になってもお金はそこまでかからないし、働けなくなっても日本は保証制度がしっかりしているからです。


具体的にいうと

病気になった時は高額療養費制度というのがあります。

これは健康保険に入っているみなさんが受けられます。

この高額療養費制度というのは1ヶ月に数万円以上の医療費がかかった場合それ以上を国が負担してくれる制度です。

例えば年収500万円の人だったらもし重い病気や怪我をしても健康保険適用範囲内の治療ならだいたい月8万円から9万円くらいまでしか払わなくていい


しかも年収500万円以下の人はもっと支払いが安くなります。


そして、働けなくなっても生活保護制度でお金をもらえることができます。


最低限の金額を受け取ることができます。

具体的に言うと200〜400万円ほどもらえます。

これは住んでいる場所が、田舎や大都市によって物価が違うため金額の差がうまれます。

また、家族がいるかどうかでも変わってきます。

家族が多い、家族に高齢者や子どもがいる場合の方が金額が高くなります。

そして、医療費などもタダになるので、もし病気になっても安心です・


しかし、こういう話をすると生活保護にはなりたくない!とか

高額療養費制度じゃなく最先端医療を受けたいって思う方もいるかも知れません

今は二人に一人は癌になるって言われてるから保険に入った方がいいんじゃないですかって


著者はこう言います。


癌の治療の大半は保険医療でカバーできる

高額療養費制度で一定額以上払う必要ない

だから保険に入らなくていいといいます。


ちょっとまってさすがに保険に入らないのは恐い

そんな方におすすめ保険があるみたいです。

それが死亡保障だけのシンプルプラン



最低限の期間だけで残される家族の人数かける

1千万円くらいの死亡保障だけの特約のないシンプルな保険に入りなさいと言います。

なぜなら

掛け捨てなら安いし

もし保険会社が潰れたら別の保険会社に変えればいいだけだからみたいです。


1000万円って金額が安い少ないって思うかもしれないけど

国民年金か厚生年金に加入していれば残された家族は遺族年金がもらえるらしいんです。

知らなかったです。



しかも保険料の計算は、ライフネット生命かアクサダイレクト生命あたりのホームページにアクセスすれば簡単に保険料を計算できるとのことです。


ネットの保険がベストです。

ネットの保険なら、人件費が安い、店舗代がない、システムが新しいから保険代も安くて良いものが多い。

だけど、女性の保険の営業マンがいるタイプは、その女性の人件費、店舗代。システムが古い、そして巨額のCM代がかかっていることが多く、ほんと無駄みたいです。


ちょっと話はかわりますが


実際の還元率は45%くらい

宝くじは法律で還元率が50%を超えてはいけないので実際の還元率は45%くらい

つまり宝くじ1万円ぶんを買い続けたら平均で4500円になる

競馬の場合は還元率が75%ぐらい1万円使い続けると大体7500円になる

パチンコの場合は還元率が80%ぐらい1万円使い続けると大体8000円になる


保険は、半分が人件費や広告料など。

パチンコや競馬よりも還元率が低いってことです。


また日本人の保険に入っている高さは異常みたいです。

具体的に言うと9割を超える人が保険に入っているみたいです。

海外の先進国の保険加入率は通常5割程度。

日本人は「自分が死ぬほうに賭けるギャンブルに参加しすぎだと言います。

わたしたちは保険料を払ったとたん、保険会社という巨大な胴元に手数料を抜かれる、損な賭けに参加しているみたいなんです。

これは、ショックすぎて言葉になりません。

こういうぼくも保険に勧誘されたことが何回もあります。

それで営業マンに言われたことなんですが

私の家族が病気で倒れた時

保険に入っといてほんと助かったんですよ


って言われたんですね。

そのときあ〜そうなんだ、やっぱり保険に入った方がいいなと思いました


しかし、保険てのは病気になった人が得になるルールだから当たり前のこと言ってるだけなんですね。だけどほとんどの人は、病気にならない期間が長いからその間も損して払い続けているってことなんですよ



今までに払った保険料が満期に全額戻ってくるタイプもあるって言うけど本来だったら投資運用で得られるはずの利益が保険料に回っているだけで

そういう保険にはいろいろ制約がついていてもし途中で病気になって保険料を受け取ったらそのぶんひかれたり途中で解約すると払ったぶんほとんど戻ってこなかったり必ずあなたが損をするカラクリがある



つまり保険に入るな!


入るなら死亡保障だけのシンプルプラン

しかもネットの保険に入れ!ってことです!