• タッセー アツミ

仮想通貨の税金まとめ『税金は払いましょう』



2017年12月に国税庁が発表によると、仮想通貨の利益は所得税のなかでは「雑所得」になります。


・利益が20万円を超える→確定申告が必要

利益が33万円を超える→確定申告が必要(主婦や学生などの扶養されている人)


仮想通貨の利益は、所得税の雑所得です。

この所得税は所得に応じて課税率がアップする累進課税です。多額の利益を上げた場合、所得税は累進課税のため最大45%まで税率が上がり、10%の住民税と合わせると最大55%になることもあります。



参照:国税庁:https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/2260.htm




【給与所得にかかる税金の計算例】 給与所得500万円+仮想通貨の利益300万円=所得合計は800万円

この所得合計から38万円の基礎控除を引くと、下記の税金を支払う必要があります。


(800万円-38万円)×0.23-(控除)63万6,000円=111万6,600円

※他にも控除がある場合は減額されます。


なお、株式投資で得た利益は譲渡所得、FX(外国為替証拠金取引)で得た利益は仮想通貨と同様に雑所得に分類され、いずれも他の所得と分離して税額を計算する「申告分離課税」。税率は所得の額に関わらず、一律約20.315%です。


そのため、利益を得れば得るほど税率が高くなる仮想通貨は不利だという意見も少なくありません。   


しかし、納税は義務です。


最近、仮想通貨の利益を脱税したとのことで逮捕者が続出しています!


みなさん、納税はしっかりしましょう!